心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏と言えば蝉

<<   作成日時 : 2008/07/30 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

連日の猛暑だが、ここ数日、真夜中になると窓からひんやりとした風が入ってきてほっとする。一点集中で局所的に降る雷雨の影響も大きいかもしれない。
しかし、今年の雷雲と雷雨の関係はいつものそれとは違い、雨量も少なく、大気中に溜まったエネルギーを放電しきることなく、いつまでも上空を包み込んでいるように感じられて異様な気がしていた。

蝉の鳴き声も数日前までは、ほとんど聴くことなく、遠くの方でかすかに「あれは、蝉?」と耳を傾けて初めて気づくという有様だった。
昨年までは、一日中真夜中でも集団で鳴いていた蝉なのだが、今年はどうしたことだろうか?と思っていたら、
気象情報の中で、都内でも今年の降水量は例年の3分の1だそうだ。
雷雲が発生し、突風が吹いたり、河川の洪水など局所的に雷雨が齎す被害が出ても、全体的には雨量が少なく土地は乾燥し固くなっているという。

そうなると蝉は土の中から這い出ることが出来ないそうだ。
確かにそうだろうと思う。
最近になって、蝉の声を聴くようになったのも、雷雨のあとであった。
きっと、土が柔らかくなって木に登ることができたのだろう。

蝉の声を聴くと、「夏が来た!」という季節感が甦ってくる。
確かに、気温・湿度共に上がって、真夏日猛暑の列島であるからして「真夏」という意識はあるが、季節感というのは何も温度だけとは限らない。
真夏の陽射し、夕立、蝉時雨、花火、風鈴、スイカ等々いろいろなものが重なって、感じるものなのかもしれない。
日本の夏に、蝉の声は欠かせないなと思う。

蝉君、がんばって出ておいでね♪*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
暑中お見舞い申し上げます!
お久しぶりで〜す。
いや本と暑いこと暑いこと(笑)
今は広島(仕事)からです。昔厳島に行ったご縁かな。富士山、立山、白山も好きです。
セミが硬い地表を破るって命がけなんですね。こちら厳島では、カニが森の中をうろついていて木に登ったりします。
昆虫を捕まえることもあるそうです。でも降水が無い今年は厳しいでしょうねぇ。こうした愛らしい動物を見るにつけ、人間も早く本来の素の状態に戻りたいですね。時期は色々やり取りがあり、遅れるとしてもやっはり内在神なんでしょうか。
最近はなおさらそう思いました。生き物の世界も人間も世界も、天上界も大変かもですが、大峠喜んで越したいものです。
感謝!祈り!
ふぇるめーる
2008/07/31 21:33
ふぇるめーるさん

暑中お見舞い申し上げます。
本当に、ご無沙汰致しており申し訳ありません。<(_ _)>
広島も猛暑ですね。
地球の温暖化はCO2の問題ではなく、フォトンの影響であり地球の体温上昇にあるようですから、善い悪いでなく誰もが初体験になるのですね。
自然体系もどんどん変わっていますが、私たちの意識次第で大難を小難にするともできるわけですから、大峠も難なく越せるとよいですね。

まだまだ夏真っ盛りですので、くれぐれもご自愛くださいませね。*^-^*
氣楽
2008/07/31 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏と言えば蝉 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる