心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS メグリ。廻り廻って

<<   作成日時 : 2008/08/01 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

以下は、「日月地神示」むの巻からの引用です。
いやー、凄いことになりました。(^_^;)

これから申すこと。世界中に伝えて下され。いよいよ、地、動いて居るぞ。もう後には引かんぞ。この戦、いよいよ終りの仕組み近づいたからみな腰抜かす御仕組みぞ。これからは、この筆読まんと判らんこと多くなるぞ。
いよいよ、いよいよじゃ。これらには、ひとつ捻り入れてあるぞようくお考えなされ。みなみな、いよいよ始まっておるぞ。みなみな、始めと終りようくお読み下されよ。

あの日とこの日にある秘密、隠したぞ。そして、生まれた御霊がこの地じゃ。その子から、ひとり悪い子生まれたぞ。しかし、みなこの子を可愛がったから変わりたのじゃぞ。このようになりたのは、みなが愛する心を教えたからじゃ。それが、この世の始めとなる誠の魔の仕組みでもあったぞ。どうして、そんな面倒を致したか申すなれば
みな改心致すに必要な御仕組み作る為であったのじゃぞ。寸部も違わぬ神の仕組みじゃ。間違いないのじゃぞ。


世界中に伝えなければならないほど重大なこととは?ひと捻りとは?この世の始めとなる誠の魔の仕組みとは?
これがずっと分かったような分からないような状態として続いていた。喉元まで出そうで出ないもどかしさでもあった。

しかし、ある時スタッフ仲間の男性が、会う度に笑顔の素敵な人へと変わっていく。その柔らかい内から滲み出てくる笑顔を、ほどけていく彼らを見て、こちらも嬉しい気分にさせてもらった。それがきっかけとなって女性は大変だということになった。それはずっと感じていたことに繋がっていく。・・・

この世の始めとなる誠の魔の仕組みとは?一体何処から、いつからボタンのかけ間違いが始まったのだろうか?
改心とは?腰を抜かすほどの改心とは?

これがその日からずっと、頭から離れなくなった。少しでも知ってしまったからには黙止するわけにはいかない。


個としての自分。その自分が先ず繋がっている最小単位の集まりは家族であり家庭である。家庭から社会へ、社会から国へ、国は世界へ・・・と大きく拡大していく。
世界がおかしくなったのは国が、国がおかしくなったのは社会が、社会は家庭が、そしてそれらを形成している元となっているのが個人である。・・・

20世紀は男性性のエネルギーの時代であり、21世紀は女性性のエネルギーの時代と言われ、スピリチュアルな世界では愛の時代、母性の時代といい、天の岩戸開きの時だと言われてきた。
しかし、そこにも何か勘違いや取り違い、洗脳、大きなお試しがあったように思う。

食の崩壊は戦後、アメリカからの小麦と脱脂粉乳の供給による。
それと同じように、戦後女性が強くなったといわれるのは、アメリカナイズされて、自由とか男女同権などと権利を主張する傾向が強くなってからのことだと思う。70年代のウーマンリブなどは最たるもので、これこそが魔の仕組みそのものだったと思う。男女平等をはき違え、女性は誰も彼もが家庭から飛び出し男性と同じように働き始める。専業主婦はいつしか蔑視されるようになり、外に出てお金を稼ぐ仕事をするのが善しとされる風潮になった。
社会に出て職を手にすることが自立と思い込まされてきた。
そうやって、家庭は空っぽとなり母親の存在が失われていく・・食卓に家族全員が揃うことなく、食べる物もみなそれぞれが勝手に好きなものを食べ、個食、孤食へと荒んでいく。
これらは、女性が家庭放棄した結果でもある。

母なる地球が危機ということは、母星=母性の危機ということである。改心すべきは女性ということになる。

そしてそれは、この世の始めとなる誠の魔の仕組み。
いざなぎいざなみの国作りの始めの過ちからということになるのではないだろうか。ボタンの掛け違いは初めからということになる。

なんということか!!腑に落ちて謎が解けた時、申し訳なさに涙が溢れてどうしようもなかった。腰を抜かすとはこのことかとも。世界中に伝えて下されと仰るのにも納得である。しかし、どうやって?先ずは身近なところからだと思うが、洗脳が解けない限り反発も大きいと思う。凄い神示に出会ってしまいました。

これは豪いことだと思い、ひふみ神示を見てみると、磐戸の巻に

「洗濯急げよ、掃除急げよ、家の中が治まらんのは女にメグリあるからぞ、このことよく気付けておくぞ、村も国々も同様ぞ。女のメグリはコワイのざぞ。」

とあった。確かにこわいことです。<(_ _)>
このことについては、今後時間をかけて記していきたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鏡の仕組み
友人のふみ^^さんの日記を読んで、早速タケ(神人)さんの日記へ訪問してきました。 いろいろな方のコメントもあらためて読ませていただき「うんうん」と一々頷くばかりです。 ...続きを見る
自由気ままに
2008/08/05 18:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メグリ。廻り廻って 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる